脂肪肝にレバリズムLは効果があるのか…?評判のほどは?

臓器の中でも比較的トラブルに気がつきにくい「沈黙の臓器」と言われている肝臓。

不規則な生活を続け、その症状が出てから気が付くのでは遅すぎるというのが実情です。しかし日本人の「約10人に1人」人数で言うと1000万人もの人が脂肪肝と言われています。

これは不規則な生活繰り返した故に起こる生活習慣病の延長です。

f:id:staffinstaffabc:20180208092236p:plain

例えばあなたもこんな経験が頻繁にあるようでしたら、レバリズムLが助けとなるかもしれません。当てはまる項目が多い場合、あなたの肝臓も脂肪肝かもしれません…。

  • 時間の定まらない不規則な食事
  • 帰宅後深夜に食べる食事
  • 宴会後に立ち寄るラーメン屋
  • 餃子+ラーメン
  • 付き合いの多い宴会
  • 多量の飲酒
  • 残業続きで睡眠不足
  • 上司からのストレス

実は肝臓というのは人体の臓器の中で最も大きく、成人男性だと1.5kgほどの質量があります。肝臓は「土台」ともいえる臓器なんです。

体内の有害な物質を解毒する作用や糖や脂質をエネルギーに変換し体内の細胞に送り込む役割も担っています。また摂取した栄養素を体内で利用できるような形に変えて、一時的に貯蔵し必要な際にエネルギーとして供給する役割もあります。

そしてアルコールや不要な老廃物などの有害物質を分解し体内に概要を汚さない無毒化する働きもあります。

このように重要な役割を担っている肝臓ですが、「沈黙の臓器」と言われる所以を紹介します。

f:id:staffinstaffabc:20180208092220p:plain

実は肝臓には3000億個以上の細胞があり、一部が機能不全に陥ってもすぐに他の細胞がカバーし再生をする能力が備わっています。つまり肝臓の細胞同士がフォローしあって機能をしている状態です。

例えば、心臓などは太い大きい動脈一本だけを頼りにしています。これが仮に詰まった場合すぐに重大な症状が体に現れます。

一方、肝臓には門脈という血管が複数あり、肝臓の内部に行き渡っているため一部の細胞が死んでも酸素が不足することはありません。つまり肝臓自身はダメージを受けても他の細胞助け合う為、体には影響が出にくいのです。

実際に体に不調が現れるとき、例えば黄疸などの症状が出た時にはもう手遅れになっているというケースもあります。つまり細胞のほとんどがダメージを受け修復が追いつかないような状態になっているということを意味します。

自覚症状が非常に小さいまま進行するため、自分が気付いた時にはすでに重症化しているということもあります。ですから、日頃から肝臓のケアを意識し、適切な食習慣生活習慣運動習慣を取り入れることが必要です。

レバリズムLは、脂肪肝の方から熱い支持を得ています。

沈黙の臓器肝臓。レバリズムLはこんなに良い成分が。

  • オルニチン
  • L-システイン
  • 必須アミノ酸
  • 岡山県産牡蠣エキス
  • 千葉県産スクワレン
  • シスチン
  • ビタミンB2
  • ビタミンE

評判レバリズムL。積極的に取り入れて総合的に肝臓対策するのが効果的と言えます!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする