【体験談】口コミが良すぎて怪しい。評判のレバリズムLを使用した感想

ネット上の口コミがどれも良さ過ぎて怪しい・・・これは、、結局良いか悪いかは、自分で確かめるしかないな!と思い立ち購入に至りました。

そして、レバリズムLを実際に使用してみて、私自身「コレ、とても良いから紹介せねば!」と感じたので体験談を書いておきます。

f:id:staffinstaffabc:20180131111108j:plain

アラフォー男性・お腹タプタプの筆者が体験談レビュー!

大の酒好きで、毎日晩酌しないと気が済まないタチです。残業で深夜1時に帰宅しても、ビールをプシュッとしてしまう、無類の酒好き(笑)

若いときはそんな生活でも全然余裕でした。しかし、40代になってからだいぶ酔いが回るのが早くなる感覚が、、、

さらに翌日に引きずることが多くなるようになってきました。

ちなみに、母は全く酒が飲めず、父は飲みますがすぐに赤くなる。つまり体質的にも、酒はそこまで強くは無いです。

にも関わらず、休肝日は年に数日程度。運転がある時のみノンアルビールで我慢我慢。

そんなこんなで、エブリデイ・飲酒生活を10数年続けていた私・・・。

ついにきました!

f:id:staffinstaffabc:20180131111452j:plain

会社の健康診断で肝機能の数値が悪化。

それでも、懲りず完全にお酒を控えるなんて絶対無理だと思い、お酒を続けつつ肝機能の数値を改善できる方法がないかネットで調査。

でも出てくる情報は、基本的に飲酒の制限や食生活の改善が必要だと言っている…。困り果てる私。。

食べながら飲みながらも何とか対策できないか??

完全禁酒は無理だけど、量を押さえつつ有効な対策ができないか??そんな怠け者で、呑兵衛の私が出会ったのがレバリズムL記載されているレビュー投稿の内容が、一様に「高評価」すぎて、逆に怪しい・・・

でも、口コミに記載されている悩みが、私の悩みそのものだったわけで。正直、半信半疑でしたが、完全禁酒は不可能だし(笑)

評判も良さげなので今頼れるのはコレしかないという思いから購入を決断しました。

f:id:staffinstaffabc:20180131112036j:plain

肝心要の読み方を、ずっと「かんしんよう」だと思っていた筆者。

・・・と、まぁそんなことは置いておいて…。

この手の商品は、即効性は最初から期待していなかったので、良さを実感するまで長期戦になることは覚悟していました。

しかし、実際に飲んでみて驚き。

始めてから1週間ほどで、朝スッキリ起きられるようになったことに、私自身が一番ビックリ!

これまで、毎朝どんよりとしていて食欲がなかったのに、朝からご飯をしっかり食べられるようになりました。

だるかったり頭がぼーっとすることも不思議と無くなり、午前中からバリバリ仕事を捌く感覚が新鮮すぎる!

すごいサプリだと感じ、飲み続ける意欲が湧いてきました。

もともと貧血気味で、クラッとくる時があるのですが、体が元気になっているのか?疲れにくく、クラクラ来ることも、ほぼ無くなりました。

夕方になっても沢山動けるので「人が変わったみたい」と同僚に言われる有り様

f:id:staffinstaffabc:20180131111513j:plain

肝心の肝機能の方も、レバリズムLをしばらく飲んでいると良い方向に向かっていきました。医師にも「禁酒、結構頑張っているんですか?」と言われたくらいです。

(中○先生すみません・・・ 頑張っていませんよ? 笑)

これからもお酒を楽しむために、さらに継続購入が決まった瞬間です♪

健康について余計な心配せず、レバリズムLに頼ってみるのも手の1つ!

↓↓↓詳細はコチラ
レバリズム-L

実は購入前に、いろりろ調べたので、その情報もシェアしておきます。
ちなみに、ここからはオマケ情報なので、時間がある方だけ読んでくだされば結構です!

沈黙の臓器「肝臓」自覚がないまま怖い状態になることも

f:id:staffinstaffabc:20180131111532j:plain

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれていることをご存知でしょうか??

肝臓には3000億個以上の肝細胞があり、一部の肝細胞が機能しなくなっても他の肝細胞が補って働く、機能しなくなった肝細胞も、すぐに再生します。

肝臓はダメージを受けても細胞同士のサポートによって正常に機能し続けるため、大きな症状が表に現れにくいのが特徴。

自覚症状がないままダメージが蓄積され、症状が現れた時にはすでに重症化していることが多いことから、肝臓は沈黙の臓器と言われているのです。

肝臓の役割は、大別すると栄養の代謝と貯蔵、解毒作用、胆汁の生成と分泌の3つ。食べすぎ・飲みすぎは、当たり前ですが肝臓に負担がかかる行為。

食べたものの代謝をする一方でアルコールを分解し、同時に、体内の老廃物を排泄する胆汁を生成します。暴飲暴食が毎日続くと肝臓への負担が蓄積され、脂肪肝やアルコール性肝硬変といった病気につながるんですね。

レバリズムLはこんな人におススメ

f:id:staffinstaffabc:20180131111543j:plain

  • 私のように酒好き、毎日の飲酒の習慣がある方
  • 外食続きで脂っこい食事が続いている方

解毒作用を助けるしじみエキスや中性脂肪の排出を促す牡蠣エキス、肝臓に酸素を送り込んで機能を高めるスクワレンなど、肝臓機能をサポートする成分が豊富に配合されています。

そして、こんな人にも

f:id:staffinstaffabc:20180131111553j:plain

  • アンチエイジングに熱心な方
  • 美味しいものを食べながらダイエットしたい方

レバリズムLはアンチエイジングとダイエットの両方の対策をしたい人にもおすすめできるサプリメントですね。

配合成分には、新陳代謝の活性化・毒素排出の促進・中性脂肪の抑制などの働きが示唆されているものが豊富。新陳代謝活性化は老化対策に、毒素の排出や中性脂肪の抑制は、気になる中年体型の対策に有効とされています!

食事制限などや手間のかかる美容法をしないで、キレイになりたい人にもオススメできます♪評判も上々♪

レバリズム・Lの最安値を楽天やアマゾンで調べてみました

人件費や店舗経費の掛からないネット通販だったら安いだろうと、最安値を楽天やアマゾン、ヤフーショッピングで購入しようと思っていました。

ところがどっこい、公式サイトが最安値でビックらこきました。

公式サイトでは「定期コース」があり、その初回モニター価格が税込980円、しかも送料込みです。2回目以降も33%OFFの税込3980円となっています。

送料無料ですが、宅急便を希望する場合だけ、送料が600円かかるようです。レバリズムでの購入が初めての方は、1世帯1セット限定での利用が可能ですよ。

ちなみに、レバリズムLの楽天での価格は、送料無料でも6653円。アマゾンでは、送料無料で3600円、ヤフーショッピングでは、送料無料で6175円。

かなりばらつきがあります。公式サイトでも、単品での購入は定価になりますので、税込5980円とお得感はありませんね。

※そこで、お得な利用方法をご教示致します。

まず、公式サイトで購入します。初回のモニター価格980円は、ダントツの低価格ですから、これを外すわけにはいきません!その際、定期コースを選択します。

それで、もしイマイチ効果が実感できないようでしたら、2回目以降をキャンセル可能です。キャンセルする場合は、次回発送の10日前までに連絡が必要なので注意!2018/1/31現在、定期コースの利用継続回数縛りはありません。

つまり、初回を公式サイトで特別割引価格(980円)で利用し、2回目は休止・解約可能です。

そして、

  • 定期コースの2回目以降は3980円です。
  • アマゾンでは、送料無料で3600円です。

私の言いたいことがお分かりいただけるでしょうか・・・?まずは、以下公式サイトをご確認の上、是非お得に初回利用してください!

レバリズム・L初回モニター価格980円
↓↓↓

レバリズム-L

私以外のレバリズムLの口コミ。胃もたれが気にならなくなった!

f:id:staffinstaffabc:20180131111613j:plain

食慾が湧かないと感じるようになってから暫くして会社の健康診断で食生活の改善を言われました。

若い頃はどんなに食べても直ぐに消化が始まって美味しく食べられていたものが、徐々に年齢と共に消化不良を起こすようになっていき、いつまでも胃の中にあるような感覚になって居た事が思い当たりました。

特に脂料理は大好きだったのですが胃がもたれやすくなって居るせいか、時には翌日まで胃の辺りがむかむかする時がありました。

何か対策する方法は無いかと探して居る時に、レバリズムLに出会う事が出来ました。口コミや評判を見て居ると私の様な症状を抱えて居る方が多い事に目が行き、早速お得な初夏限定を頼んでみる事にしたのです。

レバリズムLは、薬ではなくサプリメントなのでとても飲みやすく、時間も指定されて居ないので縛られる事なく始める事が出来ました。

飲み始めて実感する事はやはり胃の調子の良さでしたが、それに加えて毎日が快適に過ごせることが手放せない理由になりました。

消化が良いせいかとても食が進み食べ歩きまで出来るようになって本当に嬉しい毎日を過ごして居ます。

今まで胃の調子を考えて控えていた脂っこい食品でもしっかり消化してくれるので安心して食事が出来るようになりました。

参考になるか分かりませんが、これが私の体験談です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする